モンベルのシュラフ#3バロウバッグをアウトレットで購入!詳細をレビューします。

道具

モンベルのシュラフ#3バロウバッグをアウトレットで購入しました!

  • モンベルのシュラフ#3バロウバッグを選んだ理由
  • アウトレットで購入した理由
  • 商品のレビューと感想

など、僕が実際にモンベルのシュラフを購入するに至った【体験談】をお伝えします。

「モンベルのシュラフ」が気になっている方の参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク

モンベルのシュラフ#3バロウバッグを選んだ理由

シュラフ選び、めちゃくちゃ悩みましたよ!(>_<)

『モンベルのシュラフ#3バロウバッグ』に行きつくまで少し長くなりますが、お付き合いくださいね^^

 

実は僕、寝袋は一つ持っているんですが「夏用シュラフ」なので暑い時期しか使えない……。『3シーズン用のシュラフ欲しいなぁ。』と思っていたところ、キャンプ大好きな友人がシュラフを貸してくれたんです。3種類も(笑)

  • 夏用シュラフ
  • 3シーズン用シュラフ
  • 冬用シュラフ

で、「夏用」「3シーズン用」「冬用」のシュラフを見比べたり、持ってみて重さを体感してみたり、出したり片付けたり、実際に入ってみたりもしたんです。そしたらやっぱり、

 

『高いシュラフは寝心地が良い……!!!』

 

そう、ナンガのシュラフが最高にあったかくてとっても良かった。

僕、すごく寒がりなんですよ^^;(初夏までヒートテック着てます)普段、家でも冬は寒くて夜中起きることもあるんです(>_<)

なので「夏以外の時期にテントで寝る」という覚悟と共に、寝る時に使う3シーズン用のシュラフはちゃんと睡眠がとれるためにも、『高くても有名メーカーのシュラフを買っといた方がいいだろうな。』って思ったんです。(身体のためにも)

 

有名シュラフメーカーと言えば、

  • イスカ
  • ナンガ
  • モンベル

が代表的です。

 

他にもいろいろなメーカーからシュラフは販売されているんですが『ナンガのシュラフで寝てみた感動』が忘れられず……^^;『ナンガと同等だとされているのなら、イスカやモンベルも寝心地の良いシュラフに違いない!』って思いました。

 

でもとりあえず、この「3つのメーカー」に絞ってみたものの、どのメーカーもシュラフの種類が豊富(>_<)シュラフっていろんな数字や記号で表されているので、ややこしいんですよね^^;

シュラフの「数字」や「記号」の見方や、「表記されている温度」についてはこちらで詳しくお話しています!

 

とりあえず「イスカ」「ナンガ」「モンベル」の3シーズン用のシュラフをネットで順番にチェックしていきました。

「イスカ」のシュラフは、ちょっとデザインが好みでなかったので見送ることに。

「ナンガ」は、実物を見てみたことですごく気にはなっていたんですが……値段が高いですね^^;(いつかは欲しいなぁ。)

3つの中ではデザイン、価格共に「モンベル」が良さげ^^

 

最終的に「モンベル」の3シーズン用のシュラフから選ぼう!と決めたんですが、『3シーズン用のシュラフってどれ?!』(笑)

 

モンベルは、

  • エクストリーム温度
  • リミット温度
  • コンフォート温度

という3つの温度にわけた表記をされています。

  • エクストリーム温度=生死限界温度
  • リミット温度=寒さに強い人が睡眠できる温度
  • コンフォート温度=たいていの人が快適に睡眠できる温度

一番参考にすべき温度は「コンフォート温度」です。

 

わかりやすい見方としては、

  • コンフォート温度が0度以上ならスリーシーズン用
  • コンフォート温度が10度位なら夏用

何度もシュラフの数字や記号を見ているうちに、僕が「自分の中で作った基準」です(笑)

 

これをもとにモンベルのシュラフの中から探してみると、コンフォート温度が「氷点下」になっている

モンベル アルパインダウンハガーの#1

が目にとまりました!

出典:モンベル オンラインショップ

コンフォート温度が0度以下になるので「冬用のシュラフ」になるんですが、何せ寒さに弱いので3シーズン用よりも冬用の方がいいかもなって心が揺れていました。

「色」も「デザイン」も良い感じです♪……でもやっぱり高い^^;

 

モンベルのシュラフ#3をアウトレットで購入した理由

「モンベルのシュラフ」の中から何となく候補が決まってきたものの、いざ「楽天市場」や「Amazon」で商品を検索してみるとあんまり商品が出てこない……???

よくよく調べてみると、モンベルって実店舗か公式ホームページで購入するのがメインなんですね(>_<)

公式ホームページだと購入者のレビューがない^^;

 

『それならば……!』

 

と、普段ショッピングモールなんて行かない僕ですが^^;やっぱり『一度「実物」を確認してからじゃないとこの金額は軽々しく出せない(>_<)』と思ったので、思い切ってモンベルの実店舗に行ってみることにしました。

 

一番近い実店舗が「アウトレットモールのモンベル」だったので、『アウトレットってことはお値打ち品があるのかな?!』とちょっと期待しましたが、普通に定価でした(笑)

 

シュラフコーナーには、いろいろな種類の実物のシュラフが!

 

やっぱり「3シーズン用のシュラフ」の品揃えが良かったです。

気になっていた、モンベルのアルパインダウンハガー#1も発見しました!実際に「値札」を見ると、すんなりと購入することはできませんね^^;

せっかく実店舗にきたので、店員さんに

  • 3シーズン用のシュラフを探していること
  • 寒がりなので冬用のシュラフの方がいいか?
  • どのタイプのシュラフが売れているのか?
  • おすすめは?

など、気になったことをいろいろと聞いてみました。

どの質問にもわかりやすく丁寧に答えてくださって、しかも『試しに入ってみますか~?^^』と、気になったシュラフを実際に出してくれて、中にも入らせてくれたんです。

 

実店舗、来てみて良かった!!!

 

店員さんとやり取りしながら、その中で僕が自分の希望とすり合わせていって選んだのが

モンベル バロウバッグ#3

でした。

はじめに思ってたのと全然違う(笑)

 

バロウバッグ#3は、コンフォート温度が6度で「3シーズン用のシュラフ」になります。

コンフォート温度が「6度」だったので寒がりの僕としては心配だったんですが、店員さん曰く

  • 寒かったら着込んでシュラフに入るといい
  • 冬用のシュラフだと、夏は暑過ぎて使えない
  • 今後寒さに耐えられないと感じたら冬用のシュラフを検討してみては?

とのことだったのと、

何より店内で実際に「バロウバッグ#3のシュラフ」に入らせてもらって『あったかい!』と感じたので、『コンフォート温度6度でもいけそう。』って実感することができました。

他にも「暖かさ」を感じただけでなく、シュラフに入った時に窮屈さを感じなかったんです。実は、ナンガのシュラフに入った時、ちょっと狭いなって思ったんですよね……。(僕はかなりのやせ型です)

モンベルのシュラフは「スーパースパイラルストレッチシステム」といってバロウバッグにおいては、なんと「135%」という驚異の伸縮率になっています。(商品によって多少伸縮率が変わります。)

%だけみてもイマイチわからなかったんですが、入ってみてその伸縮性と快適さをめちゃくちゃ感じました^^

 

後は、バロウバッグは中の綿が「ダウン」ではなく「化学繊維」なので、「アルパインダウンハガー(ダウン)」よりも収納された状態が大きくなります。

僕はバイクでもソロキャンプに行きたかったので、荷物のコンパクトさは結構大事なポイント。

その点も「コンプレッションキャップ」というシュラフに被せて圧縮・小さくできる便利なオプションアイテムを店員さんに教えていただいたことで解決しました^^

 

シュラフの値段は「ダウン」か「化繊」かで値段が全然違ってきます。はじめは『やっぱり暖かさ重視するならダウンやな!』と思っていたんですが、化学繊維でも十分あったかかったし、収納も小さくできそうだし、値段はダウンの半分……

これはもう「バロウバッグ」を選ぶしかないって思いました。

 

モンベルのシュラフ#3のレビュー・感想

モンベルの実店舗で、シュラフを見たり触ったり入ったりすることができたので、購入した後は「ワクワク感」よりも「安心感」でした(笑)

モンベルのシュラフ#3バロウバッグを購入して『良かったな』と思うところは

  • 3シーズン使える
  • デザインと色が気に入った
  • 化学繊維だと水に強いので手入れが楽(結露も気にしなくてOK)
  • 暖かかった
  • 少しかさ張るが別売りアイテムを使えばコンパクトになる
  • ダウンの半分の値段で買えた

です。

室内で広げてみました。

こんな感じでファスナーを開けて入ります。

頭の部分はフードのようになっていて、頭にかぶればさらに暖かくなります^^

伸縮性があって、本当に窮屈感がありません♪5歳の子供と一緒に入れました!子供と一緒にシュラフに入るとさらにさらに暖かかったです(人間湯たんぽ?笑)

別売りの「コンプレッションキャップ」も合わせてレビューしますね!

こちらがコンプレッションキャップを使わないで収納した場合の写真です。500㎖のペットボトルを隣に置いて比較してみますね!

コンプレッションキャップを付けてみると……

こんなにコンパクトになりました!

もちろん、ギュギュっと小さくしただけなので「重さ」は変わらないです^^;でもこんなに小さくなったのには感動……!

また実際にキャンプで使ってみたら、感想を追記したいと思います。

Amazonで販売されているのを見つけました。Amazonポイントなどがある場合はAmazonで買うのもひとつですね。

モンベルの公式ホームページはこちらです。

>>モンベル オンラインショップ

スポンサーリンク

さいごに

僕が『シュラフが欲しい!』と思ってから『シュラフを購入するまで』を時系列で詳しくお伝えしました。ここまで読んでくださって本当にありがとうございます^^

キャンプ用品って本当にたくさんの種類があるので、どれにしようか迷いますよね(>_<)

しかも『見た目で選んだら使い勝手が悪かった』とか『値段で選んだらすぐに壊れてしまった』とか『ファミリーキャンプには向いてるけどソロキャンプには不向きだった』とか……

やっぱり自分に合ったものを選ぶって大事だなって思います。

今回良かったことは、実店舗に行って実際にシュラフを見ることができたことでした。店の人にいろいろ聞くことができたのも良かったです。

シュラフ選びは長い道のりでしたが、選ぶ時間を存分に楽しむことができました(笑)

▼関連記事▼

ソロキャンプのシュラフ(寝袋)の選び方。数字や記号の見方も解説します!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました